自己破産にかかる費用【自己破産する前に知っておくべき基本情報】

自己破産にかかる費用【自己破産する前に知っておくべき基本情報】

自己破産にかかる費用【自己破産する前に知っておくべき基本情報】

自己破産は、債務の返済が不可能になったさいに行われる債務整理の方法のことです。自己破産では、裁判所に申し立て、裁判所が債務者には返済の能力がないと判断した場合にのみ行われます。自己破産が認められる、一定価値のある財産が没収されますが、一切の債務が免除になります。ただし法的なペナルティとして一定期間、特定の職業や国家資格などが停止されますし、引っ越しなども裁判所に届けないと行うことができません。
自己破産に掛かる費用は、その方法で大きく変わってきます。もっとも費用を抑えられる方法は、個人が裁判所に申し立てて行うもので、この場合には、平均で5万円ほどで行うことができます。しかし、これは没収すべき財産がない状態のケースであり、没収すべき財産がある場合には、破産管財人が選定され、その報酬として20万円から50万円の費用が掛かります。
一方で、弁護士に依頼した場合の費用は平均で30万円からと言われており、場合によってはもっと高くなりますが、弁護士には代理権があるので手続きの一切を任せることができます。司法書士に依頼した場合には、代理権がないので書類作成のみで提出は本人が行う必要があり、平均で20万円ほどの費用が掛かります。
基本的にはまったく財産がない状態であれば、個人が相談機関や裁判所と相談しながら申請するのがもっとも費用が掛かりませんが、没収の対象となる財産がある場合には、弁護士や司法書士に依頼した方が手続きをスムーズに行うことが可能です。