自己破産はギャンブルが理由でも出来る?【自己破産の基本ガイド】

自己破産はギャンブルが理由でも出来る?【自己破産の基本ガイド】

自己破産はギャンブルが理由でも出来る?【自己破産の基本ガイド】

借金をする理由には様々な物がありますが、その1つがギャンブルです。夢中になってしまい損をすると取り返そうとお金を借りてつぎ込みます。気づいた時は多額の借金を抱えていたというのはよくあるパターンです。
自分では返済できないほどの多額の借金がある場合は、自己破産をして免責がおりれば借金の返済義務はなくなります。持っている財産のほとんどを処分して返済にあてなくてはいけませんが、借金がなくなるので生活を再建するのが容易になります。
しかし借金の原因がギャンブルや浪費の場合は自己破産しても免責が認められません。免責が認められないと財産を処分して借金の返済にあてなくてはいけなくなる上、返済義務も残るので生活はさらに大変になります。
しかしギャンブルが原因の借金でも必ずしも免責が認められないという事はありません。ギャンブルをする原因が仕事上のストレスによる物だったり、何らかの同情する余地がある場合は免責がおり返済義務がなくなる場合があります。
また反省していたり今後真面目に働く意志があれば条件付で免責を認める場合もあります。条件とは借金の1部を働いて返済すれば、残りの返済はしなくても良いことにするとか、3年間は様子をみて真面目に働いて生活する態度をみせれば免責がおりるようにするなど様々です。
ギャンブルが原因で自己破産したいが無理だろうと最初から決め付けることはありません。しかし借金問題に詳しい弁護士に依頼したほうが、より免責を得られる可能性が高くなるのは確かです。