自己破産後の奨学金返済について~知っておきたい自己破産情報~

自己破産後の奨学金返済について~知っておきたい自己破産情報~

自己破産後の奨学金返済について~知っておきたい自己破産情報~

自己破産をすると、借入はほぼ全て支払いが免除されますが、税金や慰謝料、養育費などの借入以外の支払いは義務が残ったままになります。では、奨学金はどうなるかというと、これは借金に含まれますので自己破産の申立てをすることによって支払いが免除されます。ただし、奨学金を申し込むときには両親などに保証人になってもらっていることがほとんどですので、自分が自己破産することによって奨学金の残りの請求が保証人に直接請求されます。
このように、自己破産の効力が及ぶ範囲はあくまでも自分だけになりますので、自己所有の家に家族で住んでいる場合や保証人がついている借金がある場合などは、事前に弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談してから手続きをするかどうかを決めたほうが良いでしょう。自己破産以外にも、個人再生や任意整理などの債務整理の方法はありますので、場合によっては周囲の人に迷惑をかけずに住むように、他の方法を選んだ方が良い場合もあります。また、周囲に迷惑をかけるのを承知で破産手続きをするという場合には、状況次第ですがあらかじめ保証人に連絡をしておいた方がよいでしょう。保証人に支払い能力がない場合、その保証人も何らかの債務整理の手続きをとらなければならなくなる場合もあります。申立てをしてからでは遅いですので、事前にどのような対策があるかを専門家と相談した上で、これがベストと思われる手続きを選ぶようにしましょう。